決算税理士に委託できる業務の紹介

決算税理士

決算とは、一定の期間での収入や支出を計算して、利益または損失を算出する事を指します。一般的には予算の対義語になります。決算の審査視点は、正確性と合規性。経済性、効率性、そして有効性があります。また、公平性や安全性などの視点からも審査されます。よく決算期という言葉を耳にする事がありますが、企業ではだいたい年に一回決算を行ないます。決算でする事は、一年間の利益を計算して納税申告書を納税書に出す為に必要な事を行なっていきます。この決算書によって税金が変化したり、銀行からの評価が変わってきたりします。その為、企業にとっては大切なものになります。税金がらみの事になりますので、個人事業者は自分で行なう事がほとんどですが、法人の場合決算税理士に依頼する事があります。では、実際に決算の内容と税理士に依頼出来る事について見ていきましょう。

決算とは何をするものなのでしょうか

決算で行なう仕事内容を見ていきます。決算事務として、日々の入金や出勤などの取引を仕分けていきます。それから試算表を作成し、決算整理を行ないます。決算書の作成をして、税金の計算をします。それが整ってから、納税という流れになります。基本的には納税までを決算日から2か月以内に行ないます。スムーズに決算をして行く為にも、日々の経理というものが大切になってきます。きちんと整理された経理を行っているかどうかで、決算の大変さも変わってきます。決算で納税する税金は、法人税、地方法人税、消費税、道府県民税、事業税、そして市民税です。決算は細かい作業も必要になりますし、知識が無いと難しいものです。なので、税金に絡んでくる事もあり、決算税理士に頼むべきだと考えます。決算書が間違っていたりしたら一気に信用を失いかねません。

決算税理士に依頼できる仕事内容

先述の通り、個人事業者であれば決算書は何とか自分で作成できます。しかし法人ともなると、知識や経験がないと難しくなってきます。決算税理士と言っても、依頼先は税理士です。決算のみを依頼する為、決算税理士と呼ぶ事があります。決算に関する仕事を税理士に依頼する事ができますが、税理士との契約によって、どこまでの仕事を依頼するかを決める事も可能です。書類作成だけをやってもらうのか、それとももう少し踏み込んでやってもらうのか、それによって費用も変わってきます。総てを包括して仕事をしてもらうと費用はかなりかかりますが、決算業務だけとなるとコストを削減できます。そして、決算書に税理士の名前が入る事で信頼度が増します。その為、決算だけを税理士に依頼するという事は非常に有効的な契約となります。