決算税理士をさがすときのステップ

決算税理士

決算税理士とは、決算の申告時のみの契約で、決算のみを委託する方法或いは契約形態です。色々とメリットが多い方法ではありますが、これはどのように契約すれば良いのでしょうか。実は、そんなに難しい物ではありません。通常の税理士と契約する手順と同じく契約を結び、その条件を「決算時のみ」とするだけです。もちろん決算と一言で言っても細かい条件はある訳ですが、何か特殊な手続きが必要とかいう事ではありません。注意点は、やはり税理士にも税金対策が得意であったり資金調達が得意であったりと得意分野があります。決算税理士としての契約をしたい場合は、税理士事務所や企業をサポートするサイト等の評判、紹介、ツテ等を駆使し、可能な範囲で決算処理が得意な経験豊富な税理士を探す事が望ましいでしょう。

決算税理士に委託した時のメリット

意外に大変で手間もかかりその実結構ややこしく実際にやってみてから泣きを見る方も多い決算ですが、決算税理士に委託したという場合、一番大きいのは費用の面でしょう。通常の税理士との契約(雇用)より圧倒的にコストを抑えることが出来ます。その上で、決算はプロの手によって行われるので、書類不備による修正申告や再提出といった面倒を避けることが出来ます。また、忙しくて月々のデータを纏めるのも出来ない!という方にはデータを渡して丸投げする事で、帳簿の記帳や領収書の整理、申告と言った決算に関する全てを代行してもらい、本業に集中するという事も可能です。特に小規模或いは個人事業主の方はタスクが山積みになりがちです。何もかも一人でやる、というのは過労死への直行コースですので、他者を頼れるところは頼ってしまいましょう。

決算税理士に委託する時の注意点

さて色々とメリットの大きい決算税理士への委託ですが、当然デメリットというか、注意しなければならない点は存在します。まず気を付けなければならないのは、費用が抑えられるという点を重視しすぎる事です。激安を謳い文句にしている一部の税理士事務所では、税理士ではなく在宅ワーカーやアルバイトが書類を作成しているという悪質なケースもあります。結果として書類不備等が発生し、節税できた筈なのに余計な費用を払う事になってしまった、という結果になる事もあります。次に、税理士に求めるものを具体的かつはっきりさせておきましょう。本当に決算処理だけをしてくれればいいのか、出来れば節税対策もしてほしいのか、それとも相談にも乗って欲しいのか。それによって契約形態を変えた方が、事業主にとっても税理士にとっても最終的に満足度の高い良い関係が築けるでしょう。